昨年12月7日、東京・巣鴨に『とんかつ 一頭揚げ 亀かわ』の巣鴨本店がオープンしました。「とんかつといえば、ロースかヒレ」という概念を覆す“一頭揚げ”というスタイルで、様々な部位のおいしいところを余すところなく味わい尽くすニュータイプのとんかつです。

オリジナルのブランド豚が醸し出すうま味

『とんかつ 一頭揚げ 亀かわ』で提供される豚肉は、鹿児島県と宮崎県にまたがる自然豊かな山奥で育てられた、自社グループオリジナルのブランド豚「南国スイート」。エサにパイン粕を加えることで肉に甘味が加わり、肥育期間を通常より2ヶ月長くすることで熟成した肉のうま味が堪能できます。

これが南国スイート。育ての親・亀川氏曰く「脂身こそうま味」。噛めば噛むほど口の中に広がります。

初めてのとんかつ部位に驚く人、多数

豚肉は料理人の技術次第で、どの部位も極上の味わいに仕上げられることを知っているからこそ、自信を持って“一頭揚げ”というスタイルを提案している当店。『一頭揚げ 亀かわ定食』(税込2,200円)はロースやヒレなどの定番に加えて、リブロースやトントロなど、とんかつとしては珍しい部位までセットになったお得な定食です。ぜひ、食べ比べてみてください。

ジュワッと甘味のある脂が口の中に広がるメンチカツ。こちらも『一頭揚げ 亀かわ定食』のセットに入っています。

数々の役者がとんかつをおいしく盛り上げる

おいしい豚肉をさらにおいしく召し上がっていただくために、揚げ油には100%米油を使用。低温でじっくり揚げても重たくならず、カラッと軽い食感がたまりません。また、とんかつの相方であるごはんには、鹿児島唯一の米どころである伊佐で研究を重ねて作られた、深い甘味が特徴的な「伊佐米」をセレクト。寒い時期を乗り切るために、最強のとんかつ定食でパワーをチャージしてみてはいかがでしょうか?

とんかつ 一頭揚げ 亀かわ 巣鴨本店

住所
東京都豊島区巣鴨4-19-8
TEL
03-6903-7029
営業時間
11:00~16:00(L.O. 15:30)、17:00~21:00(L.O. 20:30) 土日祝11:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日
年末年始
URL
https://tonkatsu-kamekawa.com

関連記事

  1. キャビンテラスのコタツで味わう「山麓の鹿しゃぶ鍋」はいかが?

    2017.10.25

    キャビンテラスのコタツで味わう「山麓の鹿しゃぶ鍋」はいかが?

    日本初のグランピングリゾート『星のや富士』で、昨冬に引き続き『山麓の鹿しゃぶ鍋』が12月1日~201…

    キャビンテラスのコタツで味わう「山麓の鹿しゃぶ鍋」はいかが?
  2. 「この国に生まれてよかった」と思える、土鍋ごはんがメインの和食屋『恵比寿 米ル(エビス・コメル)』開店。

    2017.10.31

    「この国に生まれてよかった」と思える、土鍋ごはんがメインの和食屋『恵比…

    ピンチョススタイルでコースの焼鳥が味わえる、予約困難な大人気店・中目黒いぐちがお米のおいしい和食店を…

    「この国に生まれてよかった」と思える、土鍋ごはんがメインの和食屋『恵比寿 米ル(エビス・コメル)』開店。
  3. 銀座・新宿の原価バーに、すっきりとした飲み口の福岡県産日本酒4種類が2月限定で登場。

    2018.02.1

    銀座・新宿の原価バーに、すっきりとした飲み口の福岡県産日本酒4種類が2…

    入場料1,000円(税込)を支払うと、クラフトビールやクラフトリキュール、日本酒などの国産酒が原価相…

    銀座・新宿の原価バーに、すっきりとした飲み口の福岡県産日本酒4種類が2月限定で登場。
  4. 忘年会シーズン限定。たっぷりの赤ワインで食べる、新鮮ラム肉のしゃぶしゃぶに舌鼓!

    2017.12.18

    忘年会シーズン限定。たっぷりの赤ワインで食べる、新鮮ラム肉のしゃぶしゃ…

    東京駅すぐ、八重洲2丁目のビジネス街にある、ラムチョップと一品料理のワインバル『東京ドンナバル』で、…

    忘年会シーズン限定。たっぷりの赤ワインで食べる、新鮮ラム肉のしゃぶしゃぶに舌鼓!
  5. 老舗洋食店のハンバーグは、和牛を活かしたシンプルな逸品!

    2017.10.17

    老舗洋食店のハンバーグは、和牛を活かしたシンプルな逸品!

    昭和6年、日本橋に創業した洋食店「たいめいけん」。お昼時には老若男女問わず列を作る人で溢れ、老舗洋食…

    老舗洋食店のハンバーグは、和牛を活かしたシンプルな逸品!
  6. 目で見て楽しむチーズ料理専門店『CheeseTable(チーズテーブル)』、3週連続で都内に新店舗オープン!

    2018.03.2

    目で見て楽しむチーズ料理専門店『CheeseTable(チーズテーブル…

    2016年に東京・渋谷パルコ内で人気を博していた『CheeseTable』が、2018年に復活しまし…

    目で見て楽しむチーズ料理専門店『CheeseTable(チーズテーブル)』、3週連続で都内に新店舗オープン!
  7. 高知の「食」を育むもの。

    2017.09.27

    高知の「食」を育むもの。

    高知県と言えば、黒潮の海。……だけでなく、森も、川も、太陽の光さえも強烈に感じられる県だ。身近にあふ…

    高知の「食」を育むもの。
  8. なぜ富山は旨いものがたくさんあるのか?自然に注目してみた

    2017.06.29

    なぜ富山は旨いものがたくさんあるのか?自然に注目してみた

    立山連峰をはじめ、三方を山に囲まれた富山県。山々に降った雪が解け、里へ、海へ、養分を含んだ水を届ける…

    なぜ富山は旨いものがたくさんあるのか?自然に注目してみた
  9. 懐かしさのなかに洗練された技が光る一皿

    2017.10.16

    懐かしさのなかに洗練された技が光る一皿

    昭和8年創業の老舗洋食店「芳味亭」。創業当時からのこだわりを受け継ぐ『ビーフスチュー』は、看板メニュ…

    懐かしさのなかに洗練された技が光る一皿
PAGE TOP